VPSサーバ比較

WEBサーバ向けのVPSを比較しています。
料金が月額1000円以下、メモリが1GB以上、CPU2コア以上のVPSに限定した比較です。
1日のPVが5万以下の「作り立てのWEBサイト~中規模サイト」で使われることを想定したVPSの比較です。

VPS比較表

月額1000円以下、メモリが1GB以上、CPU2コア以上

さくらVPS Conoha お名前.comVPS KAGOYA GMO
初期費用 無料 無料 無料 無料 4,000円
月額 934円 930円 896円 864円 934円
年払割引 ×
無料お試し 14日 1500円分 15日 × 15日
CPU 2コア 2コア 2コア 3コア 3コア
CPUクロック 2.40Ghz 2.6GHz 3.06Ghz 2.53Ghz 非公開
メモリ 1GB 1GB 1GB 1GB 2GB
HDD 100GB 100GB 100GB 200GB 100GB
ファイルシステム ext4 ext4 ext4 ext4 ext3
回線速度 100Mbps 100Mbps 100Mbps 非公開 100Mbps
仮想化プラットホーム KVM KVM KVM OpenVZ KVM
アダルト × × × ×

さくらVPSの比較ポイント

さくらVPSは、一番有名なVPSサーバだと思います。
利用者数が一番多いのもさくらVPSです。
人気の秘訣は、性能や安定性、そして社長の人柄と言ったことろでしょうか。

確かにさくらVPSの性能は良いのですが、最近では他のVPSの方がパフォーマンスが出ることが多くなってきました。
それでも安定性や使いやすさなど、まだまださくらVPSに分があるようです。

Conohaの比較ポイント

Conohaは2013年に登場した新しいVPSです。
ホームページを見ると女の子のマスコットを全面に出していて、イマイチ感があるのですが、中身はピカイチでした。
さくらVPSよりも高いパフォーマンスを出しています。
おそらくCPU性能に差があるのだと思われます。
さくらのSSDプランでもかなわなかったので、性能重視の方にはおすすめです。

お名前.comVPSの比較ポイント

お名前.comVPSは、度重なるバージョンアップの末、パフォーマンス性能No1のVPSになりました。
とくにCPUは2コアかつ3GHzと他の追随を許さない性能です。
間違いなく今一番オススメできるVPSです。

KAGOYAの比較ポイント

KAGOYAは数年前までTOPクラスの性能と低料金でした。
しかし今では、他のVPSに性能で追い越され、価格でも並ばれてしまいました。
CPUは3コアあるのですが、なぜかパフォーマンスが低めです。
仮想化プラットホームがOpenVZなのが影響しているのかもしれません。

GMOの比較ポイント

GMOは1000円以下で唯一のメモリ2GB搭載VPSです。
しかもCPUが3コア!
スペックだけを見ると一番高性能に見えるのですが、致命的な欠点があります。
それはファイルシステムがext3であること。
etx3は、etx4に比べるとファイル書き込みに絶望的なまでの性能差が出てしまいます。
何故今どきetx3を採用してるのは理解に苦しみますが、etx3のせいで本来のパフォーマンスを発揮できていないのは確かです。
ただアダルトOKのVPSサーバとしては最も高性能かつ低料金です。