Latest Posts

皆さんこんにちわ。

今日は横浜で開催されたCentOSオープンカンファレンス2014に参加してきました。

株式会社夢考房の山本専務と一緒に参加したのですが、まあ懐かしいメンツが集まっていました。

その中で5年前まで一緒に仕事をしていた、山崎さんが来ていて、昔話ですごく盛り上がりました。

今はフリーランスで某電力会社のインフラを構築しているそうです。

月収100万越えとか・・・。うらやましいです。はい。

山崎さんはネットワーク系専門のエンジニアだったのですが、最近になって初めてホームページを作ったそうです。

その話が面白かったので、思い出しながら書いてみたいと思います。

*************************
以前勤めていた会社からオファーがあって、注文住宅専用のHPを作成することになりました。

内容としては会社が取引しているクライアントの住宅会社の情報や写真をまとめ、さらにそこから資料請求も出来る、といったHPで、大幅なリニューアルも兼ねていました。

そこでまずはサーバの選定から入りました。
GMOかさくらインターネットの2択かなと思っていたのですが、以下のサイトでGMOが良いと書かれていたのでGMOを選ぶことにしました。
VPS アダルト

インフラの構築はお手の物だったので、サクサクと作業は進み、約半日で公開できるサーバに仕上げました。
今は専用サーバじゃなくて、VPSサーバという便利で安いものがあるんですね。
良い時代になったものだ・・・。

で、ここまではスムーズだったのですが、問題が起こるのはここからです。
私は意外にもイラストレーター、フォトショップに関して10年以上のキャリアがあるので、元になるデザインの作成は全く問題なかったのですが、これをweb用に展開するためのデータ作成がキツかった、というよりかなり面倒でした。

私が作ったデザインを一つひとつパーツ分けしてweb用データにしたり、写真はRGBに変換し、拡大する前と拡大した後のデータが必要だったりと、住宅会社専門HPなので、とにかく写真の点数が多く1日中作業をしても全く進まず…でやる気を無くしました。

また、データの名前をアルファベットにしておけば良いんだろうな、と思っていたらページを組んでもらっていた制作担当者に「連番で続くようにしてください」と指示され、何百枚も処理した後のデータの名前を一から直さなくてはならない事態になったり、写真はサイズのズレが全体が崩れる可能性があるので全て統一してください、と言われ、確認のため最初から見直したりと、細かい仕事をいつまでも続けられる人でないと挫折してしまうような作業でした。

私は最終的に作業半ばで挫折してしまいましたが、引き継いだ後輩もこの作業には頭を抱えていた様子で、連日泣きのメールがきていました。
最近ではwebデザイナーが求められていますが、この作業は私のような性格だと厳しいかもしれません。
************************

山崎さんは相変わらず山崎さんでした(笑)
LINEのIDを交換して、次はCentOSオープンカンファレンス2015で会おうと約束。
また会えるといいな。

海外のvpsを使った苦い思い出

みなさんこんにちわ。

今日はちょっと趣向を変えて昔話をしてみたいと思います。

語り手口調で書きますがご容赦ください。

 

昔々、10年ほど前のVPSが世に登場して本当に間もない頃の話。

私は海外のVPSを使うことになった。

海外のVPSは、本当にピンキリで性能格差がものすごく激しい。

どのくらい激しいかと言えば、原付とフェラーリくらいの性能差だ。

もちろん料金は同じである。

なぜここまで性能格差が激しいのかには原因がある。

その最大の理由は、VPSの方式にある。

フェラーリクラスのVPSは、しっかりと仮想環境を構築しており、安価にサーバーが構築できてる。

そのため、スペックに割り振れるコストが大きく、高性能になる。

しかし原付クラスのVPSは、仮想環境を構築せず、専用サーバー形式なのだ。

いわゆる名ばかりVPSである。

当時のVPSは、ものすごい人気であり、対して専用サーバーは時代遅れになりつつあった。

そこに目を付けた、イケてないサーバー業者が専用サーバーをVPSとして売り出したのだ。

仮想環境を構築できなければ、必然的に高コストになる。

その結果、低スペックの名ばかりVPSが出来上がるという訳だ。

 

しかしながら、このトリックを見抜くのは、実際に借りて見ないことには分からない。

しかも当時は、まだお試し期間という風習が無いため、お金を払って借りないとどんなスペックのサーバーなのか分からないのだ。

これに私はハマった。

おおよそ20台近くのVPSを借り、そのすべてがウンコVPSだった。

失礼しました。原付VPSだったのだ。

そして結局は海外VPSを諦め、日本国内のちょっと割高なVPSに落ち着いたと言う苦い経験があります。

皆様ご注意を。

さくらVPSを使いこなすKさん

皆さんこんにちわ。

今日は新大久保で開催されたLinux勉強会に参加してきました。

参加メンバーは15名だったのですが、日本を代表するなかなか濃いメンバーにも恵まれ、深い話をさせてもらうことができました。

中には本場アメリカでオープンソースコミュニティの開発リーダーをやっている方もいて、ものすごいレベルが高かったのも印象的でした。

すごい人がいるもんだ・・・。

 

そんな中、Linux歴5年目だと言うKさんと仲良くなりました。

Kさんは大手旅行代理店の情報部門で働いており、いつもは新宿で勤務しているそうなのですが、今日は有給をとってわざわざ新大久保まで来て、勉強会に参加してくれた猛者です。

そんなKさんのVPS経歴を詳しく聞けたので紹介してみたいと思います。

 

 

VPSの利用目的
Linux勉強用、個人サイト公開用

なぜ通常のレンタルサーバではなく、VPSを利用したのですか?
VPSはフルの管理者権限があり細かい設定が可能だったから。

契約したVPSサービス名
さくらVPS

契約したプラン
1Gの一番安いVPS

契約したVPSに決めた理由
月額が安く、リージョンの選択も可能だったため。
また、セキュリティ面も考え知名度があったさくらVPSを選択した。

VPSを使ってみてどうだったか
VPSはOSの機能をフルにことができるため、勉強用、WEBサイト公開用と用途を問わず使うことができた。
また、SSHで接続ができるためネット環境のある場所ならどこからでも接続できるのが便利だった。
さらに、管理画面も充実しており、ドメインの設定からOS再インストールまで迷わずに行うことができた。
不満な点を挙げるとすれば、公開しているWEBサイトのアクセスが多くなった時に帯域に制限が掛かることがあるのだが、
メール等で通知されるのではなく、管理画面にメッセージが表示されるだけのため、サイトアクセス不可時の原因追及時に手間が掛かることがあった。
現在は、クラウド環境を中心に使用しているのでVPSは使用していない。

 

良い話が聞けた!

また飲みにいきましょう!

vps駆け出しのインフラ担当者さん

皆さんこんにちわ。

今日は歌舞伎町の某サーバールームでミーティングを行いました。

そこであの有名なY崎さんも来ていて、VPS談話に花を咲かせることが出来ました。

ご一緒で来て嬉しい限りです。

LINEの交換もしたのでまた歌舞伎町で飲みに行きたいと思っています。

 

さてさて本題なのですが。

その時、学校で勉強した後会社のインフラ担当をやっているというMさんも同席していました。

VPSを何度か借りたことがあるそうですが、その時のお話を聞けたのでまとめてみたいと思います。

 

VPSの利用目的
自分のサイトを公開するため

 

なぜ通常のレンタルサーバではなく、VPSを利用したのですか?
レンタルサーバーよりVPSの方ができることが多く、自分で色々いじって勉強したかったから

 

契約したVPSサービス名
さくらVPS

契約したプラン
1Gの一番安いvps

契約したVPSに決めた理由
VPSで検索した時に検索エンジンで一番上に出てきたのと、学校でさくらVPSの使用を推奨しており、
月額の費用がかなり安かったためさくらVPSを契約しました。

他に検討したVPSサービス名
GMOのVPS

VPSを使ってみてどうだったか
契約当初は全くの初心者だったので何をどうしたら良いのかわからなかったので、本当の初心者には使いこなすのは難しいなという印象を持ちました。

ただコマンドや操作を覚えてしまえば自分のサーバーとして自由に使えるので今では自分のHPを公開したり、重要なデーターのバックアップフォルダとして活用するようになりました。また自分のサーバーで勉強のつもりで色々といじっていたこともあり、仕事でそのままサーバーの知識を使えるようになりました。
学生が勉強用として使うのも金額の面的にも、費用に対しての容量などを考えるとコストパフォマンスの良い商品だと思っています。

現在友人や後輩にサーバーの相談をされたらさくらVPSを使用するように提案しているのでもっと多くの人がVPSを使用してくれると自分としても非常に嬉しいです。

 

いやはや。

何とも勉強になるお話でした。

そんじゃーねー

初めましてサーバーエンジニア歴20年のガッツ石原です!

皆さん初めまして!

今日からこのサイトに色々とVSP系の記事を書いていきたいと思ってます。

私はサーバーエンジニア歴が20年ほどのしがない男です。

新宿や池袋界隈を縄張りに活動をしており、某超大手のレンサバ会社にも出入りしています。

基本的にフリーランスとして活動してますが、稀に契約社員として活動することもあります。

なぜならデーターセンターに入れるのは社員のみという規則がある会社もあるからです。

先日は仙台のデーターセンターに入り、DOS攻撃を受けているサーバーの復旧を担当しました。

マルチな攻撃で非常に高精度かつ手の込んだものでした。

恐らくかなりの上級ハッカーが関わっていると思います。

IPは全てアフリカ経由でしたが、その元をたどると全て中国だったので、おそらく中国の某集団が絡んでいるのは間違いないようです。

かなり大規模な攻撃だったので、私の担当したサーバー以外にも同じデーターセンター内のサーバーも副次的な被害を受けたようです。

まあそんなこんなで色々あったのですが何とか担当したサーバーは守り抜くことができました。

こんな非日常を送っているわたしですが、色々と思ったことを書いていきます。